モドリッチ嫁との馴れ初めは?かわいいシーンまとめ

スポンサーリンク



スポンサーリンク




モドリッチ選手はクロアチア代表の中心選手として活躍しているサッカー選手です。

そんなモドリッチ選手の嫁との馴れ初めが気になりますよね。

そこで、モドリッチ選手の結婚相手である嫁との馴れ初めや子どもに関しても調べてみました。

また、モドリッチ選手がかわいいとTwitterなどで騒がれています。

どのようにかわいいのか気になりますよね。

ここではモドリッチ選手について簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

 

モドリッチのプロフィール

引用:https://ja.wikipedia.org

 

簡単にモドリッチ選手のプロフィールを書いてみます。

名前:ルカ・モドリッチ(Luka Modrić)

生年月日:1985年9月9日

出身地:ユーゴスラビア(現クロアチア) ザダル

国籍:クロアチア

身長:172cm

体重:65kg

在籍チーム:レアル・マドリード

ポジション:MF

背番号:19

利き足:右足

1985年に誕生したモドリッチ選手は、ユーゴスラビアのザダル出身です。

6歳の頃に紛争によって祖父を失ってしまい、モドリッチ選手の家族もその紛争から約60km離れたザダルに逃れ難民となってしまいました。

そのようなつらい経験をしつつも、モドリッチ選手は毎日欠かさずサッカーの練習をしていたそうです。

モドリッチ選手は7歳のときに本格的にサッカーを始め、地元のNKサダルに入団しました。

その後16歳のときにディナモ・ザグレブに移籍しました。

そして2012年8月27日に、レアル・マドリードへの移籍を発表しました。

レアル・マドリードでの契約期間は5年間で、移籍金は驚くことに推定3500万ユーロに加えて出来高700万ユーロととても高額です。

2006年3月1日に行われたアルゼンチンとの親善試合ではフル代表デビューを果たしました。

このフル代表デビューはモドリッチ選手のサッカー人生においてとても励みになった大きな出来事でした。

今ではモドリッチ選手はクロアチア代表の選手の中でも中心選手と言われており、レアル・マドリードでも活躍しています。

レアル・マドリードでは数々のタイトル獲得にも貢献し、高い技術と豊富な運動量を誇りチームの中心として活躍しています。

2018年に開催されている『ロシアワールドカップ』においても、モドリッチ選手はクロアチア代表のキャプテンとして活躍しており、世界中のサポーターからモドリッチ選手のプレーする姿は賞賛されています。

小柄な体格ではあるものの、モドリッチ選手の持ち味である柔軟なボールキープや高精度なパスなどのテクニックを持っており活躍しています。

 

モドリッチの性格は?

引用:https://web.gekisaka.jp
モドリッチ選手はかわいいらしさとかっこよさを兼ね備えておりとても人気な選手です。

そんなモドリッチ選手はどのような性格の持ち主なのでしょう。

モドリッチ選手は、移籍した選手たちにも気軽に声をかけることですぐに仲良くなります。モドリッチ選手はチームメイトからの信頼も厚く、チームを引っ張っている選手です。

練習に対してとても真面目で朝早くから練習を行い、帰る時間も遅くなってしまうくらいひたすら練習を行っているようです。

チームメイトにもモドリッチ選手が真面目な性格だということは有名なようです。

モドリッチ選手の素晴らしいプレイはこのような真面目な性格と膨大な練習量の賜物なのでしょうね。

 

 

モドリッチと嫁の出会いのきっかけや馴れ初めは?

引用:https://www.soccer-king.jp
モドリッチ選手は4年間の交際を経て2010年5月にバーニャ・ボスニッチさんと結婚しました。

2人の出会いは、バーニャさんが働いていたサッカー選手の代理人の事務所だそうです。

それから交際をスタートし4年間の間デートをしたりしながら過ごし、その後結婚しました。

バーニャさんはモドリッチ選手の代理人として働いていたこともあるようです。

夫婦そろってサッカー界で頑張っていることも仲の良い秘訣なのかもしれないですね。

2010年にはクロアチアの首都であるザグレブにて結婚式を挙げたそうです。

その盛大な結婚式について少し情報を見つけることができたので紹介します。

スポンサーリンク

 

モドリッチの嫁は敏腕マネージャーだった!?

引用:http://yamachann.com

ルカ・モドリッチさんのお嫁さんのバーニャ・ボスニッチさんは、トッテナムへの移籍を監督した敏腕エージェントでもありました。バーニャ・ボスニッチさんは、ルカ・モドリッチさんがプレミアリーグでプレーすることを示唆し、それだけではなく、更にバーニャ・ボスニッチさんは、「ディナモ・ザグレブはルカ・モドリッチの才能にとっては小さすぎる」と感じており、ルカ・モドリッチが潜在的なスターの力を発揮できるように外国の海岸に移住することまでも提案していたのです!

このことが、ルカ・モドリッチさんの運命を大きく分けた出来事だったのかもしれませんね。ルカ・モドリッチさんとバーニャ・ボスニッチさんの2人の運命も、この時からロマンチックな関係が始まったようです。2人がお互いのことを考える機会になったのかもしれませんね。バーニャ・ボスニッチさんはルカ・モドリッチさんのことをよく見ていて、先のことまで考えていたんだなと思うと、そこに大きな愛を感じました。

結婚式の様子はどうだった?

 

2010年にクロアチアの首都であるザグレブにて挙げられた結婚式。

とても人気のあるモドリッチ選手の結婚式だということもあり豪華な結婚式を予想していましたが、実際のところはそんなことはなく教会でしめやかに行われたようでした。

家族や親しい友人のみで行われた結婚式、モドリッチ選手はタキシードではなくいつも着るスーツ姿だったそうです。

モドリッチ選手のこのような庶民的な一面も人気の秘訣なのかもしれないですね。

 

 

モドリッチの子どもは何人いるの?子どもがかわいい!

 

モドリッチ選手とバーニャさんとの間には、長男イヴァンくん、長女エマちゃん、次女ソフィアちゃんという3人の子どもがいるようです。

3人の子どもの将来の活躍がとても楽しみですよね!

モドリッチ選手が家族でクリスマスパーティーをしている集合写真を見つけたので紹介します。

3人の子どもたちがサンタクロースの衣装を着ていてとても可愛く、なんだかほっこりした気分になる家族の集合写真ですね!

家族みんな幸せいっぱいの笑顔が輝いていますね。

この他にもインターネット上にはいくつかモドリッチ選手の家族での集合写真がありました。

どの写真もみんな笑顔で仲の良い家族だということが分かる写真でした。

忙しくても家族と過ごす時間を大切にしているモドリッチ選手、ステキですね。

スポンサーリンク

 

モドリッチがかわいい!

引用:http://sport-japanese.com
モドリッチ選手のことを調べていると、たびたび『かわいい』というキーワードを目にします。

どうやら試合後の無邪気なモドリッチ選手の様子などが『かわいい』と評判なようです。

ロシアW杯準決勝では、激闘の末にロシア代表に勝利することができたクロアチア代表。

試合の終了後、モドリッチ選手は思う存分その喜びを体いっぱいで表現していました。

応援席に向かって喜びの舞を披露、ロブレン選手に肩車をしてもらう、スパシッチ選手のもとに駆け寄り抱き着く、インタビューを受けていたラキティッチ選手にちょっかいを出す、

などなど思いきり喜びを表現しているモドリッチ選手の姿がかわいいと評判でした。

モドリッチ、スバシッチに抱きついたりインタのラキティッチにちょっかいだしたり肩車されたり子供達と戯れたり…試合後はかわいいがいっぱい(笑)

 

モドリッチさん、相対的にちっちゃいから誰に抱きつくにもぴょん跳ね抱っこなのがかわいい(笑)

あんなにあんなに早くてタフで凄いキャプテンなのに!最高!

 

モドリッチかわいいよね、○○〇が貼ってくれるモドリッチとクロアチア代表たちの画像に癒されてる…ラキティッチのインタビュー中にいたずらするモドリッチかわいい😍 何だよこの人ら仲睦まじいアイドルかよってなる

(個人名が入っていたので伏せてます)

このようにTwitter上ではモドリッチ選手のかわいさが話題となっていました。

 

 

モドリッチはなぜかわいいの?家族とのふれあいシーンも!

 

モドリッチ選手はなぜここまでかわいいと言われているのでしょうか?

試合後に感情を身体いっぱいで表現している姿はもちろんですが、甘いルックス、172cmという小柄な体格などもかわいさを引き立てているのでしょうね。

モドリッチ選手は試合後に長男のイヴァンくんと長女のエマちゃんと一緒にピッチを走り回っている姿も目撃されています。

試合中はとても真面目なプレーをするのに対し、試合後はかわいらしい行動がいっぱいのモドリッチ選手。

そのギャップもファンにはキュンキュンする要素なようです。

みなさんも試合後のモドリッチ選手に注目してみてくださいね。

 

ルカ・モドリッチはどんなプレイスタイル?

引用:https://matome.naver.jp

ルカ・モドリッチさんがどんなプレースタイルをしているのか知っていますか?ルカ・モドリッチさんがどんなプレースタイルには凄い特徴があったのです。さっそくご紹介しますね。

まず、少ないタッチ数で攻撃にリズムを生み出しているんです。ルカ・モドリッチさんが「ボールを運ぶ」のではなく、「ボールを動かす」というような感じです。さらに、テンポの良いパスで攻撃を組み立てています。ルカ・モドリッチさんは、ディフェンダーからボールを受けとると、ワンタッチ、あるいはトラップしてすぐにタテパスにもっていきます。あるいはサイドへの散らすパスでしょうか。できるだけ少ないボールタッチ数で、攻撃のリンクという役割を果たしていきます。これは、ルカ・モドリッチさんの独特なプレーなのですが、見ているとすごく簡単そうに見えます。パスを受けた後にすぐに流しているので簡単に見えてしまうのかもしれません。しかし、このプレーはかなり高度なテクニックが必要です。素人にはなかなか難しいプレーになるようです。

ルカ・モドリッチさんのボールの受け方も特徴的なんです。ディフェンダーからのパスを引き出すために、まず自分をマークしてくる相手を外していきますが、パスを出してくる絶妙なタイミングに合わせていくようです。これもかなりのテクニックが必要です。
走り回っていればいいというわけではありませんからね。 正確なボールコントロールも重要です。緊張して思うようにコントロールできない!なんてことがないようにしないといけませんからね。精神面も強くないといけません。

 

まとめ

 

今回は、クロアチア代表のキャプテンで、レアル・マドリードで『10番』を背負っているモドリッチ選手について紹介してきましたが、モドリッチ選手の活躍の裏には、素晴らしいお嫁さんや3人の子供たちがいます!!

今後も、家族のサポートを受けながら、世界の舞台で活躍し続けてほしいですね!!!

今後の活躍から目が離せません!!

モドリッチさんの息子さん、かわいかったですね。背番号は19番、ユニフォームはかっこいいですね。これからも家庭とサッカーを両立して頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク